サイトの表示速度を調べる


あなたのサイトって、アクセスしてから
どれくらいの速さで表示されているか知っていますか?

というか、自分で遅いなと思っても

あーイライラする!

で終わってしまってることって多いですよね

そこで、表示速度を目で見れて
ランク付けしてくれて
解決策まで教えてくれるサイトを発見したんです(≧▽≦)


で、
私自身もサイトの表示速度が遅いなと感じていたので

サイトの表示速度を調べられるサイトで、私のサイトのスピードランクと
どれくらいのスピードで表示されているか「点数」を調べて直してみました


でも解決方法を見ながら、サイトに修正をしていく中で
詳しく解決方法を書いてくれているサイトはあるんですけど、

説明が足りないところや

情報がありすぎてこんがらがったので、
どのサイトを見ればいいか分かるようにまとめてみました(*^^*)

一回サイトの速度を調べてから、私のサイトを見ていただいたら
分かりやすいと思います(≧▽≦)


ページの表示速度とABC評価をしてくれるサイト

モバイル、パソコンのページ速度と解決方法を教えてくれるサイト

私のサイトは最初こんな感じの表示速度でした

pasokonsokudo

moblesokudo

rank


でも、他の方がサイトの点数を計測した!
って張ってる画像見たら、私のサイトの点数って元から結構いい方なんですよね


有料の「賢威」っていう
上位表示されることに特化したテンプレートを使ってるからだと思うんですけど
無料のテンプレートだったら、もっとサイトの中ぐちゃぐちゃで
改善点多すぎて苦労したと思います( ゚Д゚)


で、

だいたいの方が改善策の中に
ブラウザのキャッシュを活用してください
有効期限が指定されていません。

って項目が出てくると思います。

このブラウザのキャッシュを活用して
有効期限を指定する方法を、まずは説明していくんですが
以下の引用サイト飛んで記事を読んでもらって、


そういうことか!

とわかって作業できる人はいいんですが
なんとなくしかわからなかった方は、私の記事を続けて読んでください

まずはブラウザキャッシュを利用する方法です。
どうやら一般的な方法は「.htaccess」を設定する必要があるようです。


私はこれを読んで
とにかく「.htaccessファイル」に

を追加すればいいのは分かった


じゃあその
「.htaccessファイル」は、
どこからどうやって見て、どうやって書くのかを
書いてるサイトがなかなか見つからないじゃないか!( ;∀;)
そこが一番知りたいんだよ!!


ということで、まずはその方法を詳しく書いていきたいと思っています(^^♪


でも私が使っているのはエックスサーバーなのでエックスサーバーでの説明になります(^^♪


エックスサーバーでの有効期限の指定方法


まず、エックスサーバーのファイルマネージャーにログインして
xserverfailemanejya


このページの自分のwordpressのドメインをクリックして

wordpress-domain


public_htmlをクリックしてから.htaccessにチェックをいれて
編集を押してください(*´▽`*)
.htaccess1


チェックを入れてから「編集」をクリックしたら
この画面が出てくるから
元から書いてるやつは絶対に消さずに
.htaccess2


を追加してください(≧▽≦)


これは入力してもすぐには反映されない時があるみたいです

あとついでに出来る設定で、
エックスサーバーのサーバーパネルにログインしてmod_pagespeedをクリックして

mob-page


自分のドメインを選んだらONにしてください(*^^*)
mod-page-setting


この設定をしても、まだ有効期限を指定してくださいってなってるやつは
自分で設定できない、例えば「Twitter」のだったりするので
エックスサーバーのブラウザのキャッシュを活用してください
有効期限が指定されていません

の解決方法は以上です(^^♪

思ったより長くなったから他は次の記事に回します(^^♪



この記事の続きを読む1