あなたは今まで、色々手を出してみたものの

全部が中途半端になったままだったり、

 

頑張ってやった分の成果が得られなかったり

 

でも、自分を追い込んで頑張ることが好きだったり

 

性格的に断れない性格、

もしくは周りの評価を気にしてしまうような

そんな方なのではないでしょうか?

 

優柔不断というか、

1番大事なものが分かっていないというか

極端に言えば
自分の意思がないというか

 

自分の人生を自分で選んで歩いてきた気がしないような…

 

 

そこまでいけば極端かもしれないですけど。

 

そんな人も少なくないんじゃないかと思います。

 

 

私は仕事でアフィリエイトのサポートをさせてもらってますから
稼げないんですと
アフィリエイトの相談をされるのはもちろんだけど

 

人生相談されることもあります。

 

 

雇われる仕事と違ってアフィリエイトのような個人の仕事って

本当に作業の仕方に性格が出ると思うんですよ

雇われていても自分のやり方を確立してる人もいますけど

 

個人の仕事だとそのまんま性格が出るから

 

 

サポートをしていても

稼げないと悩んでいる人のメールの文面とか、

悩み方っていうんですかね

そういうのってだいたい同じパターンなんです。

 

 

占い師でも心理学者でもなんでもないんで(笑)

統計を出してどうのこうのってことではないんですけどね

 

 

だからどちらかというと、

中途半端になってしまう、常に忙しい、優柔不断、周りの評価が気になる方は

考えるより行動派な作業の仕方をしてるんじゃないかと思います。

 

 

頭を使って考えられる

要領の良いタイプではないんじゃないかなと。

 

 

私も「考えるより感じろ」で生きてきてますから(笑)

考える前にやってみてから納得する(腑に落ちる)し

 

 

やる前から出来るか不安になって

悩んでしまうタイプではないので

 

行動できるし、あれもこれもやってみるけど

あれもこれもできるほど器用ではない人。

 

 

だから中途半端になってしまうんですね

 

そんな悩みを持っている方はこの本を読むといいです

 

 

 

 

 

私も持っている本なんですけど

 

要は、増やすより減らす生き方を教えてくれる本です。

 

 

やることをたくさん増やして頑張る人っていうのは、

そもそも1つのことを選べない人でもあるんですね。

 

 

自分の意見がなく優柔不断で断れないと、

他人が自分のやることをどんどん決めていってしまいません?

 

 

あんな方法もあるよとか、
こんなやり方もあるよとか。

こうすれば?
ああすれば?

って。

 

 

日常で考えた方が分かりやすいと思うんですけど

 

 

誰かとの会話で「いいよ」とか

「それいいよね」とかすぐ同調してしまって

気付けばなにかやる方向にもっていかれているみたいな。

 

 

 

断れない自分が悪いんだけど

なんかモヤモヤするし

断るのは申し訳なく思ったり。

 

 

そういう、自分で選べなかったことが増えることで

やることがどんどん増えて本当に必要なことが出来なくなり

忙しくなるんです。

 

 

それをこの本は、

 

 

1.見極める技術

2.捨てる技術

3.仕組化の技術

 

に分けて

 

全部を合わせて「正しく減らす技術」について書かれてます

 

 

実際、今

何をすればいいのかが分からないんです。

といったような漠然とした悩みを持っている人も多いんですね

 

 

やりたいことがないともいうのかな?

 

 

やるべきことを「誰かに教えてほしい」

と思ってる人が多いんです。

 

 

いつの間にか自分で選ぶ力がなくなっちゃってるんですよね。

 

 

「選ぶ」から「選ばなかったことが選択肢の中から減る」わけですよね

 

ってことは、
選んでしまうと選ばなかったことは捨てることになるわけで、

 

 

それはもったいないし、
その選ばなかったことにチャンスがある気がするから

 

 

選ぶことが出来なくてやることが増える

中途半端になる

忙しくなるんです。

 

 

そうならないように、

 

 

大事なものってなんだっけ?

やるべきことってなんだっけ?

なにがしたかったんだっけ?

 

と再確認させてくれることができるし

 

 

自分の「選ぶ力」「考える力」を取り戻す方法を教えてくれる本です。

 

 

物事の優先順位を決めることが出来ると

自分自身が楽になるんですよね。

 

 

 

優先することが分かっていると、

断ることが出来るようにもなるし
(断り方が本にも書いてます)

 

 

他人の意見は「他人の意見」として聞くことが出来るようになります

アドバイスをもらったのにやらないと申し訳ない

とか思わなくなるし、

 

 

こういわれたからこうしないといけない

っていう思い込みがなくなって

 

選択肢の1つとして受け入れられるようになるから

気持ちが楽になります。

 

 

そうすることで無駄に迷わなくなるし

出来ることと出来ないことを現実的に考えれるようになるから

 

 

この使える時間内でなにをするかに迷って

「手当たり次第に出来ることからやる」っていうこともなくなります

 

 

もちろん読んだからと言って

すぐそういう風になれるわけではないですけど

 

頑張らない方法ではなく

減らして1つの成果を大きく伸ばすための取り組み方が書いてあるんです

 

 

だから中途半端だったり、忙しかったり、
優柔不断で今悩んでいるあなたは

 

エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする【電子書籍】[ グレッグ・マキューン ]を読んでみると

 

自分になかった考え方が得られて、

プライベートでも仕事でも上手くいく方法を知ることができますよ(*^^*)

 

 

 

 

 

今日の記事はあなたのお役に立てましたでしょうか?

良ければ応援よろしくお願いします!