%e6%b2%88%e9%bb%99%e3%81%aeweb%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%b3%e3%82%b0

 

杏奈杏奈

日々伝えること
文字を書くことに悩みながらも力を注いでいる杏奈が
“あなた”にとっておきの本を紹介します

ネットで仕事をするなら避けて通れないのが文章を書くということ。

メルマガを発行している人はどちらかというと伝わる文章というか、思いを伝える文章を書くことが多いですけど

 

トレンドや物販などネット上に残る文字を書くときは

SEOや”上位表示される文章“を意識して書かないと、書けども書けどもアクセスが来ない状態が続いちゃいますよね

 

アフィリエイターなら誰でも一度は悩む「文字を書くこと」を

書けばしっかり成果に繋がるようにSEOに強い文章の書き方を教えてくれてる本を買ってみました!

 

沈黙のWebライティングが届いたーー!

 

沈黙のWebライティング-Webマーケッターボーンの激闘

10月13日に予約が開始されたから速攻で予約して11月3日に届きましたー(*^^)v

もう販売サイト見た瞬間あまりのクォリティーの高さにびっくりして

先行予約特典があるのも忘れて勢いで予約しちゃったんです!

 

アニメのキャラクターにSEOに強い文章を教えてもらうなんて想像もしてませんでした(笑)

 

沈黙のウェブライティングを書いたのは、アフィリエイター必須のテンプレート賢威

誰でもプロ並みのヘッダー・バナーが作れるツールバナープラスを作った

松尾茂起さん!

 

松尾さんが作った渾身のライティング教本をさっそく読んでみました~♪

沈黙のWebライティングの写真

img_20161103_143813img_20161103_143822img_20161103_143842 img_20161103_143859

外観はこんな感じ。

届く箱が無駄にデカいのが私的に嫌だわと(笑)

届いて思ったのは「分厚い!」

文章ばっかりが並んでる小難しいSEO本やライティング本じゃなく

 

マンガだから

  • 主人公のボーン片桐
  • 片桐のパートナー.ヴェロ二カ
  • 今回の舞台「みやび屋」の若女将サツキ
  • サツキの弟ムツミ

 

4人のやりとりが基本で話が進んでいく分本が分厚くなるんだなーと思いました(^^♪

 

人物相関図はこんな感じ!

本格的ですよね

%e6%b2%88%e9%bb%99%e3%81%aeweb%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%b3%e3%82%b0%e7%9b%b8%e9%96%a2%e5%9b%b3

 

沈黙のWebライティングを読んだ感想

うん
マジで期待以上でした

というか、

【頭かち割られた感覚】
絶対読んだほうがいいです

 

 

まずビックリしたのが、

【SEOに強いライティング】って書いてるから、
例文に矢印が指してあってその部分の解説があるような構成なのかと思ったら

 

ネットの仕事で最低限必要な知識を読みながら理解できるように説明も入ってるんですよ。

 

Googleアナリティクス(アクセス解析ツール)や検索エンジンのシークレットモードとか、

普通こういうツールの説明とかってサラッと読み流してしまったりするもんやと思うんですけど

 

 

主人公たちの会話を理解するために自然と頭に入ってくる感じ!

 

 

検索エンジン最適化?(;一_一)

シークレットモード?(_ _;)

ユーザー心理?(=o=;)

 

ええい!

うるさい!( ゚д゚)

 

ってなるんじゃなく、

 

 

ヘディング(((( _ _)☆ ≡🔴  ┏┓

これがヘディングだよ!(*゚∀゚)

 

 

そうか!

これがヘディングかʕ•̀ω•́ʔ✧!

 

ってなる感じ。

 

 

あくまで話の流れを邪魔せずに、

実物を目にすることで勉強してる気なく知識が見につくからすごいΣ(゚Д

 

しかも、ボーン片桐(グラサンかけてる人)がWebの知識がないサツキとムツキに教えながら話が進むから

一緒に考え、悩み、理解できる達成感がすごい

 

 

んで

要点をメモ帳にまとめながら

読んで書いて〜

読んで書いて〜をしてたんですけどね。

 

1時間ぐらいで読み終わりそうやなー

と最初は思ってたんですよ

 

 

ところかどっこい

 

途中から合間に入るノウハウが濃すぎて”うなる”というか

怖くなるというか

 

賢威のSEOマニュアルを見たときも同じような衝撃を受けたんですけど

 

これを知らないまま記事を書いてる人達と、ここまで考えて記事を書いてる人達。

 

結果に差が出るのは当たり前というか

自分のレベルの低さに頭を打ちます

 

さっき「トレンドや物販などネット上に残る記事を書くときに」って言いましたけど

もうそんな狭い世界の話じゃなかったです

 

沈黙のWebライティングの話の中にUSPって言葉が出てくるんですけどね 

USPはその商品にしかない強みのことなんですね

 

詳しくは沈黙のWebライティングを読んだら分かるので説明は省きますけど

 

その商品にしかない強みに関しては情報商材アフィリでも言えることだなと。

 

情報を発信する「自分が商品」なわけだから

視点を変えて読めば、ネットで稼ぐ仕事のすべてに繋がる話なんですね

 

結果を出すことに共通する話。

だから読みながら

 

「あ!あの人これやってる!
 知っててやってるんかな?
 無意識なんかな?
 無意識やとしたらセンスに唸るけど
 考えてあの記事を書いてるんやとしたらすごい怖い…」

 

サラリと書かれてるように見える記事も、細部まで読みやすいように気を使ってることが分かって

 

だから読んでしまうんか!

が初めて分かる感覚

 

 

その人のセンスなのか、作戦なのかは聞けないから分からないけど

 

 

自分が凄いと思うサイトを思い浮かべながら、自分でも疑問に思ってた【読みやすい文章と自分の文章の違い】が目に見えてわかって

 

怖いような負けたくないような

尊敬するような不思議な気持ちに

悶々としながら読みました

 

特に情報商材アフィリエイターは164ページ166ページは必読ですよ

 

 

ちなみに、

この本にはアフィリエイト教材で一番深ぼりして書かれてる

「キーワード」とかの話にはほぼ触れてないんですよ

 

 

キーワードがどうとかいうのは、あくまで私達アフィリエイターが【稼ぐために必要なもの】なわけじゃないですか?

 

読んでる人からするとキーワードがどうとかは全く関係のないことで、

そこが逆に落とし穴になってるんだなと思いました

 

 

「検索する人の気持ちを考える」

それは確かにそうだし

 

検索してくる人の気持ちが分からないからキーワードが選べないし記事が書けないっていうのは

よくあるアフィリエイターの悩みですよね?

 

 

なんか、「キーワードが全て」みたいなところがあるじゃないですか?

 

検索してくる人の気持ちを考えるのは、キーワードを選ぶため!

みたいな。

 

 

その考え方をボーン片桐がぶった斬って

 

記事を書くこととは?を全て分解して説明してくれてます

 

しかもマンガでわかりやすく。

 

 

文字を書くこと、届けること、伝えること、

この奥深さに読み終わったら

「ほぉ( •̀ㅁ•́;)」ってなりますよ

 

 

んで、

沈黙のWebライティングの最初らへんに書いてることは、

無意識にやってたり、見よう見まねで出来てる人も多いなーと思いました

 

 

あなたも出来てる人かもですね!

 

 

ただ、なぜそれをやるのか?まで分かって出来てる人はきっとほとんどいない。 

 

真似することは本当に大事やけど、

真似してるだけじゃ応用ってできないんですよね。

 

自分の中の1つのパターンとして残らないから

要点は出来てるのに結果は出ないってことになってしまう。

 

 

多分ですけど

周りを見てあれイイな〜ぐらいの気持ちでやってる人は多いと思います。

 

 

だから、

沈黙のWebライティングに書いてることを自分が出来てたら

自信に繋がるやろうし、

 

さらに「何故やるのか?」までを掘り下げて分かることで

 

稼げるべくして稼げた実感ができて

確信を持って記事の投稿ボタンを押せるようになりますよ

 

 

さらにさらに!

ちょっと言いたいことが溢れて興奮気味ですが(笑)

 

バズるって分かります?

ツイッターや、はてなブックマークで、爆発的に拡散されることをバズるっていうんですけどね。

 

いっつも面白い投稿してリツイートもらいまくったり

話題になってる記事ってあるじゃないですか? 

 

あれって確信をもって【バズらせてる】んですって(=_=;)

 

沈黙のWebライティング読んでびっくりしました。

ただ面白い投稿していれば拡散されるんじゃなく、

 

  • アイキャッチ画像
  • 文章の書き始め
  • 終わらせ方
  • 記事の書き方
  • 笑い要素

 

 

ああいうの全て、練りに練られた策略の元

バズるべくしてバズってるんです

 

 

めっちゃ怖くないですか?!

楽しく投稿してるだけに見える裏側には練りに練られた構造があって、

 

何も考えずコメントやいいねしてる私達は、思わずコメントやいいねさせられてるんですよ

読みながら鳥肌立ちました

悪用したら本当に怖いです。

 

もはや職人レベルですよね

 

バズる記事の書き方まで書いてましたから

あなたも拡散されまくる記事が書けるようになりますよ(゜o゜;

 

 

他の人が記事を書いてるとこを見れるなんてそうそう無いし

 

自分が読んでる文章の舞台裏(ドキュメンタリー番組)を見てる気分になりました。

 

沈黙のWebライティング必読です

 

 

今から沈黙のWebライティングを読むあなたにアドバイス

 

沈黙のWebライティングを穴が空くほど読んだ私が

今から読むあなたにアドバイスなんですけど、

 

 

最初は本当にスラスラ読めます

構造がゲームの攻略本みたいになってるんですね

img_20161103_143948img_20161103_143922

ゲームの攻略本も、

ダンジョンの地図とかキャラクターの写真や村の写真があるページと

解説があるページに分かれるじゃないですか?

 

それと一緒なので、

ゲームの攻略本やと思って手にするとしっくり来ます

 

でも、中盤から終わりにかけて

マンガの内容が盛り上がるにつれて

 

解説ページの方には

そんじょそこらの教材では絶対書かれてない濃すぎるノウハウ

 

ちょっとSEOかじって「知識がある気になってる人」の頭をかち割るノウハウが出てきます。

 

理解しながら読もうと思っても絶対無理です

 

だからまずはマンガの内容を楽しみながら

サラーっと読み切る!

 

 

その都度、

ビビる箇所や、頭を抱える箇所が出てきますけど

 

これなら今すぐに出来そうって箇所も出てくるんですよ

そんぐらい今すぐ行動に移せるノウハウが詰まった教本ですから

 

そのときは、何ページだったか?

だけをメモってとりあえず楽しく読む。

 

そのあと、

メモったページのとこから即座にやるって順でやるといいと思います

 

ゲームの攻略本って

  1. とりあえずストーリーを把握
  2. 攻略本通りに進める
  3. クリア
  4. 条件付きでもらえるアイテム収集やストーリーに進む(だいたい最後の方のページに書いてる)

 

って感じだと思うんですけど

 

今回はブログの作り方からとかでなくテクニック系なので、

 

  1. とりあえずストーリーを把握
  2. 裏道や条件付きでもらえるアイテム収集やストーリーに進む

 

だけでいいです

ブログは出来てるから、あとは出来るところからやって分からないとこはあと!

にすると、

読んで終わりじゃなく、楽しくできる事が増えて

  • 進んでる実感
  • 達成感
  • 結果

 

が得られるんじゃないかと思います!

ご参考にしていただければです♪

 

 

良ければランキングぽちっとよろしくお願いします!